60日間持つヘアカラー!あなたならどうする?

こんにちは。

 

冒頭の写真。左が染めたてで右がある期間が過ぎた写真なのですがどのくらいだと思います?(答えは記事の最後で!)

さて今日はカラーの色持ち」についてのお話です。

 

 

みなさんはカラーってどのくらい持つイメージですか?3週間?4週間?

僕はこの記事に書いている通り最低6週間もたせます。

 

それではまず

カラーってどういう原理?

これからいきましょう。

 

 

ストローの中に黒くて小さい粒々がたくさん入ってるものを想像してください。

想像できましたか?

これが髪の毛になります。

(汚い絵でごめんなさい。このあとも少し汚い絵が続きます。)

次に美容師がいつも混ぜまぜしているカラー剤をそのストローに塗ると、中まで浸透して少しずつ黒い粒々をこわしていきます。

これが髪が明るくなる現象です。

ちなみに最終的な明るさより少しだけ明るい状態です。(仕上がりが8Lvなら9,10Lv)

そのあとでアッシュなら青、マットなら緑という「色の粒」をストローの中に浸透させて発色させている。(ここで8Lv)

これを一度の行程ですべてやっているのが「カラー」です。

なんとなくわかりましたか?

 

ちなみにヘアカラーは赤が持ちやすく、青が抜けやすい。というルールがあります。

この記事を読み終わるまでは頭のすみにおいておいてくださいね?

 

では次は

色持ちが良い悪いってなに?なにできまるの?

これですね。

 

 

僕はこれについては茶色の割合だと思っています。(実際使う色は茶色ではありませんが。)

例えば「キレイなアッシュがいい!シルバーみたいなやつ!グレージュ!」

みたいな方はアッシュだけでいいんです。人によっては少しほかの色も混ぜるかもしれません。

 

ですがそれだと「色」だけの発色になってしまって髪の明るさを調整するものがないんですね。

なので色が抜けると一度黒い粒々を壊した状態まで戻ってしまいます。→髪が明るくなる。

 

そこで明るさをコントロールするために茶色を混ぜます。

茶色には赤が少し入ってるので「色」が抜けてもその少しの赤が髪に残ってくれるんですね。

これを適切な配分で混ぜると色の持ちがよくてキレイなカラーになります。

 

 

もちろんこれは「長く続くキレイ」を重視したカラーです。

純粋にキレイな「色」を出すカラーもたまにお願いされますし全然ありだと思ってます。

 

今回はたまたま「色持ち」についてフォーカスさせていただきました。

ちなみに冒頭の写真の答えは約70日です!(個人差はあります。)

 

 

みなさんはどっち派ですか?

1.色持ちがいいけど彩度が高い色はできない。

2.彩度の高い色だけど色持ちがよくない。

 

 

彩度が高くて色持ちもよくする方法もあるのですがそれはまた別の記事で。

今回はここまで!ご意見、ご質問いつでも募集してます!

 

それでは!

         
フォローをお願いします!