カラーとパーマの同時施術はあり?なし?ありでしょ!

 

こんにちは。

最近一気に寒くなりましたね。

冷え性の足を奥さんにくっつけて遊んでいる加納 綾です。笑

今日はカラーとパーマを同じ日にやったら痛むの!?という質問。

 

さてみなさんはカラーとパーマの同時施術、担当美容師さんになんて言われますか?

 

「痛むからダメ」ですか?

 

それとも

 

「同時でも大丈夫」ですか?

 

 

 

この問題って美容師によって考え方が変わってしまうんですよね。

なので僕なりの考えを書いていきますね。

 

同時だと別日に分けるよりダメージするのか。

 

これについて僕はそんなことはないと思っています。

同時にやろうが、別の日にやろうが結果的にダメージは同じ。

 

よく「パーマのアルカリが〜」

とか

「カラー剤と反応して〜」

 

 

という美容師もいますが、僕はそれは美容師がどうにかすればすむ問題だと思ってます。

そもそも「アルカリってなんぞや。」という感じですよね。笑

気にしなくてOKです!

 

そんなことより気にしなきゃいけないことは他にあります。

 

頭皮が染みる!!!!

 

例えばショートスタイル。

このようなスタイルはパーマをかけるときに

頭皮に薬がどうしたってついてしまいます。

 

パーマの「薬」というものは髪の形状を変える薬です。

それくらい強いものが頭皮についてるということは

髪と同時に頭皮もダメージしています。

 

そのパーマの薬でダメージした頭皮にカラー剤がつくわけなので染みてしまう場合も当然あるわけです。

 

ショートスタイルでなければ毛先だけパーマなどやりようがありますが…

 

カラーについてはジアミンなどのアレルギー問題もありますし、十分注意した方がよろしいと思います。

 

 

染みたらすぐ言う!我慢しない!(押さない。かけない。みたいですね。笑)

 

別日にすると別の問題が。

 

僕は先述したカラーに注意すれば基本的に同時でもいい派です。

デジパーとカラーだろうが、

縮毛矯正とカラーだろうが、

お客様の時間と頭皮の状態が許す限りは同時にします。

 

というのも、

美容師が「別の日に来てください。」というのはとても簡単です。

「明日から本気出す。」と言うのと同じくらい簡単です。

 

でも、考えてみてください?

 

ぶっちゃけそんな暇なくないですか? 

 

ある方はあると思いますけど

大半の方はないと思うんですよ。

 

 

妻と同棲を始めて僕も強く感じました。

そんな一週間後にまた来てと言って来れる程、人は暇じゃありません。笑

家のこともやらなきゃいけないし、仕事かもしれない。

なにか別の用事が入っているかもしれない。

 

だったら一日で全て済ませてしまった方がお客様がその時間を他に使えると思うのです。

 

しかも結果的にダメージが変わらないと。

美容室が好きだから来たい!というお客様は別ですよ?

そういう方はぜひぜひ来てください!笑

 

なにを大事にするのか。

 

結局、その美容師がなにを大事にしているのかで変わってしまいます。

 

髪のダメージなのか。

頭皮のダメージなのか。

お客様の時間なのか。

 

僕はお客様に、髪に関することだけでもストレスフリーになって頂きたいので髪にかける時間をなるべく減らしてあげたいと思っています。

 

なので何度も美容室に来なくても良くて、

毎日髪がセットしやすい。乾くのが早い。

髪にかかる時間が減る。だけどキレイ。

 

最高じゃないですか!

 

 

100%実現のために日頃からいろいろ考えてはいるのですが・・・

難しいです。修行が足りませんので精進します。笑

 

そんな風になりたいと思っている方はぜひぜひご連絡ください(^^)

 

今回はここまで!

 

それでは!

         
フォローをお願いします!