美容室(サロン)専売シャンプーの意味。

こんにちは。加納 綾です。

 

最初に断っておきますね。

 

※この記事はtheaterさんという美容室のシャンプーについてレビューや批判をした記事ではありません。

「theater シャンプー」と検索してこられる方が多いみたいなので最初に書いておきました!

 

それでは本題へ。

 

 

 

さて、今日はお客様からのご質問。

「シャンプーって市販のじゃダメなの?」

 

 

 

・・・

 

 

 

いや、ダメじゃないですよ?

 

 

 

よくお客様から

「シャンプーは美容室で売っているやつを使ったほうがいいんですよね?」

というご質問をいただきます!

 

 

 

ありがとうございます。

毎日ネタを探すのが大変なのでご質問を頂くと大変助かります。笑

 

 

 

結論から言うと・・・

 

 

 

大きな声では言えませんが・・・

 

 

 

別に市販のでもいいんじゃないですか?

 

 

え!?笑

 

 

 

たしかに良いお値段のシャンプーやトリートメントは髪や頭皮に良いと言われる成分が入ってます。

美容室専売品のシャンプー、トリートメントはほとんどのものが良いお値段しますね。

 

 

 

でもそのお高いシャンプーに何を求めていますか?

 

 

 

ダメージを治す魔法のヘアトリートメント!?

 

 

 

この記事にも書いてある通り、髪のダメージは治りません。

どれだけ良いシャンプーや、良いトリートメントを使ったところで100%治りません。

 

 

 

アホ毛をなくしてマイナス5歳!ていうかアホ毛って!?

 

 

 

この記事でも書きました。

しっかりシャンプー、トリートメントを流さないと逆に頭皮トラブルの原因にもなります。

 

 

 

ツヤの出方などは違うかもしれませんね。

香りだって安いものではしない香りのものもありますし。

 

 

それを求めて使用しているのであれば全然OKです。

むしろ好みで使用しているならぜひ使い続けてください!

 

 

 

ですが効果も実感できていないのに

ただただ勧められたまま高いシャンプーを使う必要はないと思いますよ?

 

 

 

シャンプーは何で選ぶ?

 

 

シャンプーを選ぶ基準で僕が「これだ!」と思うことは

 

 

「その日の汚れをしっかり洗い落とせるもの。」

 

 

これです。

 

 

 

夜シャンプーをするのであれば、

朝つけたスタイリング剤や流さないトリートメント、日中の汚れが落ちるもの。

 

 

 

朝シャンプーするのであれば・・・

汗・・・?や前日の汚れが落ちるもの!笑

 

 

 

とにかく頭皮と髪が清潔に保てるだけで十分です。

 

 

 

つまり・・・

 

市販品でもちゃんと選べば問題ないよね?笑

 

ということになっちゃいます。はい。

 

 

 

市販品の物の中でも油分が多くてベトベトになってしまったり

逆に洗う力が強すぎて頭皮が乾燥してしまったりするものもあるので

 

 

 

「〇〇は誰が使っても大丈夫!間違いない!」

 

 

 

なんてことは言えませんが、使ってみて良かったらそれでいいんじゃないでしょうか。

美容室で買っていただくと売上になるので買っていただくのはむしろありがたいですが、笑

 

 

 

あとはこれも大事・・・

 

 

 

シャンプーやトリートメントのせいで

キレイにできないなんて言い訳をしたくない。

 

 

 

「髪がベトベトすぎて泡が立ちません」とかいう場合はもちろん別ですけども。

 

 

 

そんな言い訳し始めたらいくらでも言い訳できますしね・・・

 

「クセが~」とか。

 

「髪質が~」とか。

 

 

それも改善しつつ容姿を美しくする仕事が美容なんじゃないの?と思うわけであります。

 

 

 

今までもこれからも自分とお客様には言い訳せずに行きたいと思います。

 

言い訳したら「言い訳しないって言ったよね!?」とツッコんでください。笑

 

 

 

今回はここまで!

 

 

 

自分の好みでサロン専売シャンプーを使っているならぜひそのまま使ってください!

言われるがまま高い物を使っているだけなら市販品を一度使ってみるもありだと思います。

 

 

 

それでは!

 

         
フォローをお願いします!