ビフォアフシアター~獅子舞から人間へ~:前編

 

こんにちは。加納綾です。

 

今日はなぜ僕が「肌の色や骨格に合わせたヘアカラーやカットを活かし、より美しくする。」

ということにこだわり始めたのか。

 

その理由を書いていきたいと思います!

今回はちょっと「笑」が多いので気分を害しましたらごめんなさい!

 

 

髪型を変えれば人生が変わる。

 

でも少し触れたように僕は昔、獅子舞でした。

 

ライオンかもしれません。笑

 

 

こんなやつが道端を歩いていたら間違いなく近寄りたくない部類です。

 

 

何度みてもひどいですねこれ。笑

これが専門学校の卒業アルバムの写真なので・・・

 

 

成人式はどんな感じだったんでしょうね!?

 

 

見たいですか?

見たくない方はここでそっとページを閉じることをオススメします!

 

 

 

それでは。

 

 

 

どうぞ!

 

 

 

 

・・・

 

 

どうしてこうなった・・・

 

 

 

なんなんですかねほんとに・・・笑

 

 

 

完全に迷走しております。

この頃はこれがイケてると思っていたので更にタチが悪い。

 

 

 

これもう成人式の写真なのに完全に黒歴史ですよ。笑

子供ができても見せれない・・・笑

 

目も瞑ってるし!

 

 

 

今思い返すととても恥ずかしいです・・・

 

 

あ、自慢じゃありませんが僕が写真に写ると

2回に1回くらいの確率で目を瞑ります。笑

 

 

 

そしてお次が初めて勤めたお店での写真。

まだアシスタントだった時・・・?かな・・・?

 

 

んー・・・ちょっとマシになった・・・?

ヒョウ柄を首にぶらさげてますけども。笑

 

 

 

いやはや・・・

 

 

 

加納 綾 暗黒時代と歴史はいかがでしたでしょうか!

僕のやばさ、伝わりました?

 

 

 

こんなのが現在の僕みたいになれるのです!

現在の僕といってもただの一般人に近づいただけですが。

チャラいって今だに言われるし・・・。

 

 

 

そんな加納 綾がなぜ変われたのか!

 

 

それは奥様であるMANAMIのプロデュースのおかげなのです。

 

 

MANAMIとの出会いは僕のひとめぼれ。

 

 

 

初めて実際に会った時、僕はなにをとち狂ったのか

「彼女になに言われても自分の服装変えないから!まじで!」

と彼女でもない人に言ってしまったらしいです。

 

 

・・・

 

 

本当に大バカ野郎です・・・

 

 

 

それを聞いたMANAMIはすかさず、

 

 

「別に彼女でもないからいいけど、

見た目を美しくする仕事なのに自分が似合ってない服装をしてるってそれ大丈夫なの?」

 

 

 

と。

 

 

 

ズバッ!と。

 

 

 

ぶった切られてしまったわけであります。

 

 

 

お顔真っ青ですよ。

本当に僕はなにを考えていたのでしょうね。笑

 

 

 

ちなみにここまでが序章です!

ここから「加納 綾 改造計画」が始まります。

 

 

最初は「僕がどれほどひどい人間だったのか」

 

 

をわかっていただいて

 

そこから「どのような変貌をしていくのか」

 

 

を見ていく形がわかりやすいと思ったので

今まで公開せずにいた暗黒時代の写真を

 

 

断腸の思い!!!

 

 

で公開させて頂きました。笑

 

 

つづきは次回以降の記事で書きたいと思います!

 

 

それでは!

 

 

つづく・・・

         
フォローをお願いします!