ショートが似合わない?そんなことありません。

「私ってショート似合わないのよねー。」

 

こんにちは。加納 綾です。

冒頭の一言、言ったことある方結構いるんじゃないでしょうか。

 

今日は「似合う長さ」についてのお話。

 

この記事で「似合う」ということは

  • 「その人らしさ」

  • 「どれだけその人の持ってる素材を活かして魅力を引き出せるか」

ということをお話ししました。今日はこの話の延長になります。

 

まず、僕個人の意見としては似合わない「スタイル」というのはあるかもしれませんが

似合わない「長さ」というのはないと思っています。厳密にいえば似合わないスタイルもないのかもしれませんが・・・

 

例えば見た目がクール、スタイリッシュ系の方にカワイイ系のふわふわなヘアスタイルをするとそれは確かに似合わないかもしれません。

かわいい系の方にスタイリッシュなヘアスタイルをそのまましたらそれも似合わないと思います。

 

でも誤解しないでくださいね。あくまで今のは「スタイル」の話であって「長さ」の話ではありません。

 

先ほどのクール、スタイリッシュ系の方にスタイリッシュなショート、クールな「ロングスタイル」をしてあげれば似合うと思いませんか?

かわいい系の方にキュートなショート、ゆるふわなかわいい系「ロング、ミディアムスタイル」なら似合うと思いませんか?

 

結局のところ同じ長さでも段が入れば違ったヘアスタイルになりますし、逆に同じようなヘアスタイルでも長さがちょっと長くする、短くするだけで違うヘアスタイルに見えるということもあります。

 

こんな感じで長さの調整なんていくらでもきくので、その調整で「あなたらしさ」と「魅力」を引き出してあげればいいだけなんです。

 

これは美容師側の仕事なのであなたがどうすることはできません。

ですが「本当はやりたい髪型あるのにな…でも似合わないからな…」と最初から諦めないでください。

 

本当にあなたのことを思っている美容師であれば、あなたのその理想を否定せず受け入れたうえで「少しこうしたほうが似合うかもしれませんね。」と言ってくれるはずです。

 

少なくとも僕はそうしますし、そうしています。

美容師は「容姿を美しくする」仕事。

お客様の理想の髪型をできるだけ叶えられるのも美容師だけです。

 

なのでまずは担当美容師さんに相談してみてください。

意外とすんなりと相談にのってくれて理想に近づくかもしれませんよ?

 

それでは!

 

今回のまとめ・・・

「似合わないのは長さではなくスタイル。」

         
フォローをお願いします!