【本当に大丈夫?】縮毛矯正でストレートになったけど・・・

こんにちは。

 

今回は縮毛矯正について。

 

「髪がだんだん固くなってきて巻けなくなってきた。」

「ダメージレスっていう縮毛矯正をしてもらったけどなんかだんだん傷んできた。」

「これって私が悪いの?」

 

という方へ向けて書いていきたいと思います。

 

縮毛矯正について

 

みなさんご存知。

縮毛矯正は「髪をまっすぐにする施術」です。

 

 

それと同時に、美容室のメニューの中で髪に与えるダメージが1,2を争うメニューでもあります。

 

意外とみなさん、この「縮毛矯正は髪に与えるダメージが1,2を争うメニュー」だという事を知らないのではないでしょうか。

 

「ダメージレス縮毛矯正」は嘘!?

 

世の中にはいろいろな美容室があって、縮毛矯正の名前も色々あります。

 

「ダメージレス縮毛矯正」や

「オーガニック縮毛矯正」など。

 

 

ダメージレスやオーガニックと聞けばきこえはいいですが、よく考えてみてください。

 

髪の形状を変えてしまうほどの力を持った薬を髪に塗っているです。

 

これ、ダメージがゼロなワケがないですよね。

 

 

たまに「ノンアルカリ縮毛矯正」や「酸性の薬を使ってますのでダメージがありません。」というのも見かけますが、これも100%ダメージはあります。

 

 

これから先の時代はまだわかりませんが、今の世の中に存在するどんな名前の縮毛矯正も「ダメージするメニュー」です。

 

これはお間違いのないようにインプットしてください。

 

縮毛矯正の重ねがけはヤバイ!?

 

冒頭の

 

「髪がだんだん硬くなってきて巻けなくなってきた。」

「ダメージレスっていう縮毛矯正をしてもらったけどなんかだんだん傷んできた。」

 

という症状。

 

 

これはほぼ縮毛矯正のせいだと思います。

 

こう書くと縮毛矯正をする事が悪いと思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

もちろんお手入れの仕方の問題の場合もあります。

 

 

わかりやすくご説明させていただくと、縮毛矯正をする前のあなたの髪の状態は生の卵のような状態です。

 

 

それが縮毛矯正の工程で使用するアイロンやドライヤーによって、目玉焼きのような固まった状態になります。

 

 

この目玉焼きになった状態で、それ以上焼いてしまったらどうなるかはわかると思います。

 

真っ黒焦げの炭のような状態になりますよね。

 

 

髪の毛でも、縮毛矯正を何度も同じ場所にしてしまうことによって、これと同じ事が起きています。

 

豆知識程度に文字通り「炭化」と言います。

 

 

簡単に言うと、髪の毛がカチカチに固まってきてしまっているのです。

 

 

「髪の毛が硬くなってきた。」

「だんだん傷んできた。」

 

という症状の原因がこれでわかりましたね。

 

まとめ

 

「じゃあ縮毛矯正をやめるしかないの?」

 

と思われそうですが、そんなことはありません。

 

 

梅雨の時期は縮毛矯正をかけないと大変な方もいますし、日常的にクセがひどくて扱えないという方もいますので。

 

ただこの記事の症状や、似たようなことで悩んでいる方は施術をお願いするお店や美容師はしっかり選んだほうがいいと思います。

 

【美容師直伝】良い美容室、上手い美容師の見分け方6選!

 

もしくは今担当してもらっている美容師に相談してみるとか。

 

 

この症状がひどくなると、髪が濡れているときはゴムみたいに伸びるようになり、乾くと箒の毛のようにバサバサになってしまいます。

 

そして一度ダメージした髪は元にはもどりません。

 

そうならないためにも「縮毛矯正はダメージが必ずある。」ということを頭にいれて、美容師に相談するなり、話をききましょう。

 

 

もし相談する美容師がいなかったり、誰に相談していいかわからない場合は、僕にご連絡いただければできる限りご相談に乗らせて頂きますので気軽にご連絡ください。

 

スマホで見て頂いているのであれば、下の「友達追加」ボタンから簡単にご連絡していただけます。

 

 

今回はここまで。

 

それでは!

         
フォローをお願いします!